お気に入りのデザインの結婚指輪を手に入れるために

リング

婚約指輪で人気のデザイン

婚約指輪のデザインで人気が高いのは「ソリティア」や「メレ」です。「ソリティア」は、指輪の中央に石を一粒だけセットしたシンプルなデザイン。婚約指輪の王道とも呼べるデザインで、長年にわたり人気を集め続けています。女性の華奢な指の上で、一粒の宝石が美しく輝くことでしょう。
「メレ」は中央の石の両隣に、小さめの石で飾り付けをしたデザインです。「ソリティア」と比較すると、より華やかに指先をボリュームアップしてくれます。さまざまなバリエーションがあり、自分らしいデザインを探せる点も魅力の一つです。

指輪

ダイヤモンドの4Cとは?

ダイヤモンドの4Cとは、「カラット」「カラー」「カット」「クラリティ」の4つの言葉の頭文字をとったものです。つまりはダイヤモンドの「大きさ」や「色」、「どんなカットが施されていて」「どれほど透明なのか」と示している情報で、稀少性が高いものほど4Cのグレードがアップしていきます。
美しい婚約指輪を作るためには、当然質の高いダイヤモンドが欠かせません。ダイヤモンドに強い専門店を探すことで、より美しく輝く婚約指輪を購入できることでしょう。

プラチナとゴールドそれぞれの素材のメリット

定番の人気、プラチナ

日本において、婚約指輪や結婚指輪といえば、プラチナ!というイメージはまだまだ一般的なもの。強度が高い金属ですから、いつまでも美しい状態をキープしやすいという特徴があります。また鈍く光るプラチナは、どんなファッションにも合わせやすいです。

様々な色合いが魅力のゴールド

一方ゴールドには、日本人の肌になじみやすいという特徴があります。またさまざまな種類が選べるのも、ゴールドならではだと言えます。プラチナよりも価格を抑えられるホワイトゴールドや、可愛らしいピンクゴールドなど、自分たちらしい指輪にすることできます。

広告募集中